マイクロスコープ

マイクロスコープ(顕微鏡)を使った歯科治療のご案内です。

お口の中の構造物は皆さんがご想像できるようにとても小さいものです。

例えば小さな歯のごく初期の虫歯などは到底肉眼では判断できません。そのような虫歯に対して処置が必要ならば最小限の介入で済みます。

う蝕管理における最小の介入で処置を完了にすることはMI(Minimal Intervention)といわれ、飛躍的に向上した接着技法とあいまって出来るだけ歯を削らず、出来るだけ神経を取らず、生まれもった歯を出来るだけ残して、歯の寿命を長くする可能性が増えました。

また、残念なことに虫歯の進行が進み、いわゆる『歯の根の治療』と言われるような歯の神経と血管が入っている部分を処置する必要がある場合、従来では狭く暗く確かな手ごたえのないまま処置を進めなくてはならないことが多かったのですが、マイクロスコープ(顕微鏡)を使用することで文字通り直視し確認しながらの施術が可能となりました。また私たちが見えるだけではなく、これらの施術を動画で患者さま自身がご覧いただけることで処置に対する不安感の軽減につながるのではないでしょうか。

また、審美歯科の分野でも非常に高いレベルの精度を得ることで、美しさだけではなく生体に親和した機能を再現することが容易となります。